Beingへ

March 28, 2018

「神にとっては全てが美しくて、良くて、正しい。ただ人間が、あるものは正しく、あるものは正しくないと思うだけである。」
これは紀元前哲学者ヘラクレイトスの言葉です。

神がその様に全てを見ているように、神自身が「善であり美です。」
神は状態です。Beingです。
人間はその様になろうと試行錯誤するDoingです。
このDoing を通し、そこへ至る道を見つけ出そうとしますが、Doingの時は決してわかりません。
そのDoingを手放した時に、Beingが訪れます。
じゃあ、最初から何もしないでいたらいいのかと思うと、そうではなくDoingする事により、手放すものを得ることができ、Beingになる種が育ちます。

なんとも不条理に感じるかもしれませんが、宇宙の条理はこのようなものです。

全ての体験する事、知識を得ることはそれを手放す為に必要なんですね。
手放すためにそれがあると言ってもいいですね。
もし、手放す事が出来なかったら、ずっとそのままの状態にいるのでしょうか?
いえいえ、宇宙は親切です。

宇宙のリズムに合うように、ちゃんと気づくようなお知らせをくれます。
そのサインに早く気づくようにしたいですね。

  

                      〜Lucis Sylva徒然便り105より〜

 

 

 

 

 

 

    

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

June 1, 2019

January 1, 2019

December 24, 2018