矛盾のないポイント

新しい波動は、ワンネスの流れにつながりたいという思いがさらに強くなる。

それは、今までの分断vs融合という二極のなかで融合を選択してのワンネスではない。

二極が自らの中に在る事を受容し、そして消化した時に、ぽんと押し出されるように、自分の在る場所に気づくようなものだ。

自分の弱さを知るものは、幸いである。

自分の強さを知るものは、幸いである。

そして、自分の強さと弱さに引きずられず、自分を知る者には新たな扉があらわれる。

矛盾の無いポイントにある時、その鍵が己の手にある事を知る。





特集記事
この言語で公開された記事はまだありません
今しばらくお待ちください...
最新記事