​Messages

もしあなたが今、暗闇の中にいると思っているのなら、

外側に光を探すのではなく、

自から光を放つときだと気づくべきです。

暗闇はあなたに罰をあたえているのではありません。

貴方の中にある光に気づきなさいと教えてくれているのです。

 

拠りどころしていた教えや定義から離れると、直後の解放感から徐々に自分の方向感覚が失われていく感覚に陥る。

自分足元にあるはずの地面もなく、何もない空間にただあるような….。

昨日と変わりない今日を生きているかに見えていても、全く変わってみえている景色や感覚。

どこに向かっているのか、どこにも向かっていないのかわからず、そしてまた何かに依りかかれるものを探そうとする。

しかし心の奥に静かに存在している自分が、「NO」という。

そして静かに存在している自分がゆっくりと自分を満たしはじめる。

ただ在ることの至福………

何かに依存している間は、この目覚めた自分が起きてくることはないだろう。

 ~July 2, 2014~

 

行き過ぎた自己主張は美しくはない。

なぜならそこには、恐れがあるから。

行き過ぎた自己卑下は美しくない。

なぜならそこには依存があるから。

誰とも比較することなくただありのままにある姿は、美しい。

無駄な力がないから、どちらかに偏ることがなく、調和を壊すことはない。

 ~Apr. 26,2014 ~

 

 

光を光をと探し回っていても、自分でいることを放棄しているかぎり見つかることはない。

なぜならあなたの内なる光に呼応し、求める光があらわれる。

 依存の関係の中で、どうして自分でいることが出来るのか。

こうあるべき、そうでなくてはならないなどの概念、観念などの鎖に縛られ、

地位や権力のパワーの奴隷になり、自分が何者なのか忘れてしまっている。

 

宇宙は、常に貴方が何者なのか思い出せるような気づきを与えている。

自然の営みの中に、純粋な子供達の瞳の中に。

 

たとえ厳しい状況の中にあっても、

貴方が貴方でいる選択をし、前に一歩踏み出した時に、

大いなる祝福がある。

 ~Apr. 10, 2014~

 

 

顔をあげて、周りの風景を見てください。

貴方の近くにいる人を見てください。

貴方が下を向き自分の世界の中に入っていては、何も気づくことが出来ません。

泣いている人がいるかもしれません。

苦しんでいる人がいるかもしれません。

一緒に喜びを分かち合ってほしい人がいるかもしれません。

顔をあげて周りの人たちと繋がってっください。

もし、支える手を必要としる人がいたら、貴方の手を差し出してください。

もし、心を痛めている人がいたら、貴方の心を寄り添わせてあげてください。

 ~Dec.22、2013~

 

貴方が両手に握りしめている、恐れ、苦しみ、悲しみは

私たちが与えたものではありません。

あなた自身がそれらを手離した時に、

私たちは貴方の手を取ることができます。

その空いた手を私たちの方に伸ばしてください。

 

生きるという事は

喜びであり、愛の発現です。

そして、それはあなたを通して神が顕現しているという事です

 ~Oct. 17, 2013~

 

新しいサイクルが始まり、新しい光線がますます強くなってきています。

それにより、今まで隠されてきたことも顕わになってきています。

信じていたようなことが、覆されることもあるでしょう。

拠りどころがなくなってしまったように感じることもあるかもしれません。

まさに、土台や基盤の作り直しが始まっている人もいるでしょう。

古い思考パターンや感情のパターンのリリースのプロセスの中で、

痛みや悲しみや、怒りを感じている人もいます。

それでもこれを乗り越え、新しいエネルギーを身に着ける人たちが

新しい時代のなかで自分がやるべきことを見つけそして行う事ができるでしょう。

古いパターンに固執することなく、この光線のエネルギーを享受してください。

相反する流れの渦が大きくなっていく中で、自分がどこに向かって行きたいのか、

自分を見失わない強さを持ってください。

~Sept. 8, 2013~

 

善からの意志によって

創造されたものは、善が宿っています

創造の源である善をその創造の中で味わう事が、神を見ることになるのです。

~Aug. 5, 2013~

 

エソテリックな教えの中で、神は唯一の『善』であると定義されています。

私たちが『善』と聞いて、いろいろ思考を巡らしても、その『善』から遠く離れていくだけです。

善であろうとする時に、神に近づく道にいることができるのかもしれません。

そしてその道の中において、全てに目覚めている状態でいる事によって、『善』を感じることが出来るのかもしれません。

~Aug. 5, 2013~

 

 

 鷲が雀の羽で飛べないように、

雀も鷲の羽では飛べません

それぞれがふさわしい羽を与えられています。

他の羽を羨むことなく、自らの羽を繕い羽ばたいています。

人は、ときにそれを忘れてしまいます。

自らの羽がある事さえ忘却の中にあります。

他人の羽では、羽ばたくことはできません。

自分の羽を縛り付けているものはなんなのでしょう

依存、恐怖、自己卑下など……

勇気をもって断ち切ってください

そして、 自らの羽の輝きを取り戻し、羽ばたいてください。

~July 10, 2013~

 

自分の中にある虚を埋めるために、多くの方々は外側から得ようとしています。

しかし、その渇きはなくなることはないでしょう。

さらにその虚は大きくなるばかりです。

自分の方より、与えるという事をすることにより、貴方の虚が埋まっていきます。

貴方の笑顔を、貴方の優しさや思いやりを、貴方の愛を与えることが、

周りの人を潤すだけではなく、自分自身をも潤していくことになります。

そして与え続けているうちに気づくでしょう。

虚がなんであるのか、そしてその虚があるからこそ

貴方が本当に望んでやまないものを思い出し、繋がろうとすることを。

帰り道のわからなくなった子供へ与えられた道しるべであることを。

~June 25, 2013~

 

自分には何もできないと佇んでいるのではなく、一日一日を、心の成長の為に過ごしてください。

 成長の為には、沢山の愛というエネルギーを使う事です。

心からの愛のほほえみや

心からの愛の言葉や

心からの愛の行動が

成長の糧となります。

貴方が成長することで、周りも成長します。

周りが成長すれば、国も成長します。

成長した国は、戦う事ではなく、分かち合う事を選択できるようになります。

あたりまえのことを言っているように思うかもしれません。

しかし、今もう一度この事を思い出してください。

~June 16, 2013~

 

 

 

母親が子供を育むように、なんの打算もなく、見返りもなく、ただただすべきことをするように、自分がなすべきことがあります。

やりたい事からすべき事の方にシフトする時に、今まで着ていた服を脱いでいく必要があります。

すべきことをする方にシフトすると、宇宙のエネルギーと強くかかわっていくようになります。

そのエネルギーとつながる為の新しい服(エネルギーシステム)が必要となってくるでしょう。

その為に、肉体のケアも必要です。

食べ物も変えていく必要があるでしょう。

全てのもの意識があるように、食している食べ物一つ一つに意識があると理解を深めていくと、

何が必要で必要じゃないという事が解っていくでしょう。 体の声をよく聞いてください。

また、ぶれない自分の意志がそのエネルギーのアンカーとなってくるでしょう。

心配するエネルギーがその意志の揺らぎをもたらします。

自分が思う結果を求めること執着するのではなく、心を解き放ち、のびのびとその時、その時にいてください。

~June 15, 2013~

 

 

 

これからの地球において

意識レベルの格差が明確になってきます

そしてそのレベルが一つの世界になり、地球の中にいくつかの層が顕れてくるようになっていくでしょう

高次の意識・宇宙意識に繋がれるものと、まだ目に見える物質世界に真実を求めようとする者の間の隔たりがますます現れてきます

そしてその波動の違いが、お互いを認識できないようになっていきます

まるで映像を見ているかのごとく、ベールを介して観るような世界となってきます

前者の者たちは、確たる意志によって生きようとします

それは、調和を求めようとするものです

「自分」という意味が、自分自身と周りの人全てを指すような意味になってくるような感じかもしれません

何かに執着する必要もありません

そこには、秩序があります

全体としての進化という事に意識を向けていくようになっていくものたちです

そして、これらの者たちは、誰かに自分の意志を委ねるという事から遠く離れています

一人一人が自分が何者であるか自覚し、自分のフォースで生きる選択をしているものたちが、

その波動同調により必然的に全体が1つの意識として進化していくでしょう

 ~May 22 , 2013~

 

 

まるで、川の流れをせき止めているように

抵抗がある限り、新しい流れは流れてこないでしょう。

これが正しいやり方であるとか、常識であるといったことが、抵抗になっていることがあります

そしてそんなものが、貴方という殻を作っていることに気づいてください

完全に抵抗を手放すことは、少なからず恐れを感じるかもしれません

新しい自分に出会うには、古い自分の崩壊が必要です

新しい自分を受け入れる為には強さも必要となるでしょう

そしてその強さはすでに自分の中にある事を思い出してください

謙虚さという強さです

素直さとう強さです

光り輝く大河の流れがそこまできています

~May 8 ,2013~

 

もしあなたが、孤独感を感じたり、乖離されているように思っているのであれば

それは、もともと大いなるものと一つであった自分を思い出そうとしているのです

その大きな懐に戻れる自分を思い出そうとしているのです

うつむいた顔をあげ、大空を仰ぎ見るように

あなたの向かう先を思い出してください

~Apr. 19,2013~

 

自らの手で扉を閉ざし、足枷をかけ、長い間動けないでいた自分に

もういいよ と声をかけてあげてください

次のステップにいくために、必要だったこの期間

古い衣服(エネルギー)を脱いで、新しい衣服(エネルギー)をまとう準備が整っています

扉を開ける鍵はすでに貴方のすぐそばにあります

その鍵を見つけるために

誰もあなたを裁く人はいませんでしたが、貴方のかわりにこの言葉をあなたにお渡しします

貴方は許されています

~Apr 13, 2013~

自分に正直であることが、悟りへの道でもあります

光りとして立つという事は、同時に自分の影があるという事を知らなくてはならないでしょう

その影は、忌み嫌うものではなく、

あなたの成長に必要な光が姿を変えて顕現しているもの

この光と影を正しく見、使うには

自分に正直でなくてはできないのです

 

もし貴方がいる場所に自由が無いと感じているのなら、そこには依存があるということです。

依存がある限り、真のあなたの姿を見ることはできないでしょう。

依存は時にあなたに居心地の良さを与えます。

しかし、その裏にその何百倍もの恐怖の種が隠れていることを知る必要があります。

~Mar. 7, 2013 ~

 

 

 

貴方自身があなた自身でいる事を放棄している限り、

この恐れが常にあなたの中にあります。

雛が馴れ親しんだ巣から自分の羽で広い世界に飛び立つ様に、

自分のパワーで、生きる選択をする時が来ます。

貴方のハートがその時を知らせるでしょう。

~Mar. 30, 2013~

 

ぎゅっと瞑られた目が開かれた時に、貴方が全く違った光の中にいる事に気づくでしょう。

あなたの中にある古いフィルターを外した時に、その目が開かれていきます。
そして、新たな希望の光がそこに顕れてきます。

希望とは、創造です。
創造の発現と共に希望が顕れてきます。

貴方の中に希望の光りがともったら、創造の道が敷かれているのを忘れないでください。
創造を現実世界に起こすの事が、光の子としての存在意味であるのです。

~Mar. 26, 2013 ~

 

新しいエネルギーの流れの中、

希望の光の中で着実に自分の道を進み始めている者と、反対に停滞を感じ行き場のない閉塞感を感じているものがおります。

後者の方々はまだ古いエネルギーの使い方で何かをなそうとしており、新しいエネルギーを動かすことが出来ないでいます。
とはいえ、それは慣れ親しむ時間というものも必要であり、いずれその扉を開いていくでしょう。
まだ調整が必要な時として受け止め、この時に何を自分に必要かを見極めていく必要があります。

「自立」ということも大きなキーとなるでしょう。
どんな者に対してもそこに依存というものが存在している限り、新しい流れの中には入ってはいけません。
自分の光を放っている個が集まり、グループとして、コミュニティーとしてまとまっていきます。

自分の周りの人々や、動植物、自然や、地球のためになにかしたいと思い、行動を起こすものたちが増えていくでしょう。
あたりまえのように軽やかに世界を動かして行くでしょう。
奉仕の中に苦しみや、辛さといったものがるのであれば、それは奉仕ではありません。
自己犠牲の中にも、純粋な喜びがあります。

純粋な思いが自然に顕れ、流れていくように、自分として生きるという事がどういう事なのかこの時期に見て行って下さい。

~Mar. 7, 2013 ~

Please reload

Copyright © LUCIS SYLVA ~Garden of the Light~ All Rights Reserved